幸せなカップル

ED治療薬は、複数あるのですが断トツの人気を誇るのがバイアグラです。
世界的に見ても、広く使われていることから分かるように安定した人気があります。
有効成分はクエン酸シルデナフィルです。
実は、このバイアグラはアメリカのファイザー社が世界初の経口ED治療薬として製造して、1998年3月にアメリカのFDAで承認を受けました。
元はと言えば、狭心症の治療薬として開発していたのですが、開発段階で勃起作用が発見されたという偶然の産物と言う経緯もあります。
そして、日本でもバイアグラは1999年3月に日本ファイザー社から発売されるようになりました。
それまでは、経口ED治療薬すら存在しなかったので、画期的な開発だと言えます。
現在では、バイアグラは世界各国、実に120ケ国以上で承認されているので、名前を知らない人はないというほど広く普及しています。
統計では、世界中では3500万人の男性が使用していると言われています。
服用してから1時間くらいで効き始めて、持続性があり4時間くらいの効果があります。
心配される方も少なくないでしょうが、この効果は刺激に対して反応しやすくなる作用ですので、勃起したままになるのではありません。
バイアグラは、実際に精力増強剤ではありません。
陰茎海綿体に直接作用しますので、性欲には影響を受けません。
そのため、精力が極端に強くなるというものでもないのです。
バイアグラの成分であるクエン酸に関する成分は、肺高血圧症にも適応しているので、現在では治療薬としても広く使われています。
このようにバイアグラは、世界各国でも多くの方々で広く使用されているため、ED治療薬として安心して用いることが出来ると実証されているのが、最大の特徴です。
現在では同じED治療薬でもあるレビトラも知名度が高まってきており、こちらを使用している方も多いでしょう。バイアグラの欠点であった食事のタイミングなどを改善した薬であり、価格もバイアグラより安いことから支持する人を増やしています。
ただ、やはり一番最初に開発されたバイアグラとは違い、EDの事を知らない人でも聞いたことがあるのか?と言えば否でしょう。

アーカイブ
人気記事一覧